2012年

9月

16日

続・今、自殺しようとしているキミに告げる。

先の"今、自殺しようとしているキミに告げる。"で、自殺の意思を表明した朋友のはっさん( Twitter / Blog )は、周囲の声もあり、自殺する事を止めた様です。

 

皆様、大変ご心配おかけいたしました September 13 [Thu], 2012, 23:46

 

王様
ブログ拝読させていただきました
生き恥晒すぐらいなら、恥じない生き方をしていきます

 

この中で、自分に対して、こうありました。ちゃんと自分が伝えようとしていた事が、彼には伝わった事が、少し嬉しかったのです(でも"王様"云うのは、ストロベリーソングオーケストラ東京遠征の際に御用達のお風呂屋さんか、DeepPurpleを日本語直訳で歌うヒトみたいなんで、ちょっち気恥ずかしいです)

 

"恥じない生き方"...スゴく難しい概念だと思います。極論すると、ヒトは、ただ生きているだけでも(程度にもよりますが)恥をかいたり他人様に迷惑をかけたりしなければ生きていけない存在だと自分は思っています。他人に対しては恥をかくのも御迷惑をかけることも仕方ない...その上で「退かぬ!媚びぬ!省みぬ!("北斗の拳"サウザーですね)な、自らの信念を伴いながら、それを実践し生き続ける事なのですから。信念とは自らの心の旗-Flag-...これを機に人生を有意義に大切に、そして楽しく送り続けて欲しいと思う次第です。

 

ところが...

 

その後の彼のTweetやブログの内容などを見ても、なんだか"以前のまま"だったりする様に感じられるのです...鬱屈やネガティブさがない時の、少し飛び抜けたポジティブな状態。これって所謂DSM-IV("精神障害の診断と統計の手引き-Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders-略してDSM...現在、IVが新版で、2013年にVが発行される予定")でも記載されている"双極性障害"、もしくは最近増えているとされている"双極性II型"の傾向が少なからずあるのではないかと。勿論、自分は専門家でもないですし、大学時代のゼミでの臨床の場での経験程しかないのですけど。

 

それでも、最近、Webにいるヒト、しかも固執するヒトの中には"双極性II型"の傾向を持つヒトが増えているのを確実に感じます。全世界を繋ぐWebの海の中で、何でも出来るToolであるものとToolを妄信すると、そこでの"ヒトとの繋がり"が過剰・希薄の両極端に陥りがちに思えて、それが攻撃的になったり、自虐的になったりとするヒトが、自分の周囲にだけでも見受けられます。参考程度にしか目にしないのですが、某匿名巨大規模掲示板でのやりとりなんかにも、その傾向はあるものだと思います。

 

表現者の中にも、たまにいます。「自殺Liveをやる」と公言して、周囲をアッと云わせた(呆れさせた)ものの、結局、当日になって、自殺をやめてしまったヒトとか。極大化した自意識や自我が、自らの発現や行動をコントロール出来ない状態にあるのですね。

 

今のはっさん( Twitter / Blog )の心理的な状態が、信念と云うFlagであって欲しい、拡大された自我のFragでなければイイと、心から願う次第です。

0 コメント

2012年

9月

13日

今、自殺しようとしているキミに告げる。

もう何もかも嫌 。

posted at 01:31:22

死ぬのは怖い。凄く怖いけど…

posted at 01:32:45

もし、天国と地獄があるなら、地獄がいいな。天国って退屈そうだし。

posted at 01:34:58

でも安心。自殺者は地獄に行くらしいから。

posted at 01:36:35

最後に一本タバコ吸って…

posted at 01:37:36

逝きます。good-bye http://twitpic.com/atvgsr

posted at 01:40:29

(略)

みんなには まだまだチャンスがある。夢も叶う。僕には何も無い。生き過ぎた。もう、充分生きた。

posted at 04:49:13

会いたい人も たくさん居たな。もう一度 会いたい人も たくさん居たな。

posted at 04:51:02

もし、万が一でも僕の死を悲しんでくださる方が おられても、人間は時間によって悲しみが浄化出来る生き物。忘れるよ。こんなヤツの事なんて。

posted at 04:54:25

つぶやいてたらキリないね。明るくなるまでに逝かなきゃね。死体が早く見つかっちゃ厄介だし。脳障害物残して生きるなんて周りに迷惑。最後くらい迷惑かけずにおわらなきゃ。

posted at 05:04:50

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

19日

ザ・プーチンズについて知る、幾つかの事...

まずはこの動画を見ていただきたい。

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

19日

携帯電話紛失顛末...

まずは、05/06に思わぬ深酒をしてしまったのがいけないんです...ひとえに、自分の不徳の致すところ。携帯電話、HTC EVOを落としてしまいました。帰り道のバスにコートまで落としまったのも、自分としては不覚としか云い様しかない。orz

 

その日のうちに、携帯電話会社に連絡をして、電波を止めて、警察に遺失物の届けを出しました。バス営業所に連絡をしたところ、コートは無事に届いていました。しかし、携帯電話は届いていないとの事。携帯電話と云っても、スマートフォン...ちょっとしたPCと同じ事が出来てしまう筐体です。ただ、バッテリの保ちが普段から悪い筐体(バッテリ1パックで3~4時間...帰り道の時点で20%を割っていた状態)なので「同じ機種の充電器がなければただの箱」「SIMカードもROM焼付けなので電話機としては使用不可能...ルート取れなかったらデータの吸い出しも困難」と云うのもあり、最初のうちは"しばらくしたら届いているだろう"と云う楽観的な思いもあったのです。

 

今からでも遅くないです...心当たりのある方、警察に届けて下さい。

 

アドレス帳など、基本的に使用するデータの大半はWeb経由でバックアップ取れてたので問題はないのです...でも、何より、その日に撮影した画像のデータなど、中身に残ってるデータが惜しい。筐体自体は機種変更するのにお金はかかるけど、バックアップの取れていない中身のMicroSDカードだけは返して欲しい...それが正直な本音です。

 

存外、自分も携帯電話での連絡、WebやMailの使用を無意識に行っていたのだなと云う、インフラの喪失を感じました。HTC EVOを通じて、iPod Touchテザリングを行っていたのも非常に大きい。関係各位に「携帯電話、なくしてしまったので、連絡は別の手段で」と連絡するのも、とても恥ずかしい事です。

 

とりあえず10日間~2週間は待とうと思いました。それでも出てこないので、そろそろ機種変更して環境を切り替えようと、地元のauショップまで行きました。

 

自分「すみません、携帯電話を落としてしまったのですけど...」

店員「手数料2100円払えば、今まで御使用だった古い携帯端末に移行は出来ますよ」

自分(あ、部屋に昔の携帯電話の筐体、とっておいてよかったかも?)

店員「ところで、どの機種ですか?」

自分HTC EVOなんですけど...」

店員「あぁ、それなら、後継機種のHTC EVO 3Dが、お求めやすい価格で機種変更出来ますよ」

自分「え?」

 

自分、HTC EVOを通して、だいぶ台湾のメーカーであるでHTC社の携帯電話のスペックが信用置けるものと思っていましたし、日本で初めてテザリング機能を実装した気概や心意気、職人&技術者気質を好いていたのですね。キャリアの意向関係なしに、メーカーが独自にOSの書き換えを断行しようと云う侠気のあるメーカーです(2012年02月10日,ITmediaによる報道)。2011年春にHTC EVOがリリースした際、迷わず機種変更したのですが、その半年後の秋モデルとして、マイナーバージョンアップ(とは云え、同じAndroid2.3ベースでも、かなり強化されたスペックで、個人的には密かに臍を噛んだ筐体)したHTC EVO 3Dが廉価で機種変更出来るとの事。

 

いや、機種選定にはいろいろ考えるつもりでしたけども、大部分では制式採用機種はに、ほぼHTC EVO 3Dに内定していたのですけど...マジで?

 

自分「お、お幾らです?」

店員一括で10500円です」

 

マジですか?(驚倒了ッ!)

 

その場では、話を伺うだけで、お金を持ってなかったのですけど、取り置きして貰って、その日のうちに機種変更しちゃいました♪(但し、日本の携帯電話の契約に必ずある"2年間の筐体代金分割"の月払い...ぶっちゃけローンの支払いは残るので、あと1年間は古い筐体HTC EVOの分は、今後も月々支払う事になるのですが)ただ、新筐体のHTC EVO 3Dに関しては、この場の一括10500円の支払いのみ...これ、何ですか?夢でも見てるんですか?

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

12日

今日の作業用BGM..."YMO Nonstop Mix"

Twitter知己に教えていただいたYMOのNonStopMixが、想像以上にイイ出来栄えだったので、記憶&記録。

 

1つのMixで約80分あるので、時間のある時にでも是非。

 

別の知己とも民俗音楽の安定感とトランス感についての対話があったのですが、一方で、80年代のテクノミュージックのフィジカルさやファンキーさにいろいろと考えるところがあったり。そのうち、しっかりとまとめたいところです。

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

10日

輪るピングドラム #0

輪るピングドラムなるアニメ作品が、社会学的にも、心理学的にも、非常に面白いテーマに基づいて構築されたものであると思って、(普段、アニメを観ない様な)自分でもPushしていたのですけど、この7月でOnAir1周年を迎えるにあたって、自分でも整理しておこうと、ページにしたためておこうと云う目論見です。

 

まずは、放送前にOnAirされた番宣CMを。※コメントは非表示の方向で

続きを読む 0 コメント

Hey Visitor!